スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カーボ値算出!!

2013-06-19
ポンプ導入から1週間が経ちました!!

いい調子です♪
 導入当初は低血糖・高血糖が多かったですが現在は血糖も落ち着き、ポンプ装着の違和感もそんなありません。
10年前にしてたポンプとは大違い!!(当時は金属針を留置して痛みがひどかった(^^; 交換も毎日だったし。。)
 これからいろんなポンプの機能の使い方覚えて、快適な新生活を送るための準備をしたいです(´∀`*)

と、いうわけで今回はようやくお約束のポンプ導入にあたってのカーボ/インスリン比の調整の話をします。

 退院後は主治医に決めてもらったベーサル(基礎インスリン)を調整し、改めてボーラス(食事時のインスリン)のカーボ/インスリン比を探っているところです。おおよそ把握できてきてはいるんですけどね。現在は食事の糖質を10g=1カーボで計算しているのですが朝は1.2、昼・夕は0.8ぐらいになりそう。
(例:昼に糖質90gの食事を摂る時は 9(カーボ)×0.8=7.2(U))
 今後は今カーボで計算している式をgに直し(例 カーボ:10gに対してインスリン0.8U⇒g:インスリン1単位に対して糖質12.5(糖質量は小数点を設定できないので時間帯の変動によって12にするか13にするか決めます)
式で言うと 0.8(U):10(g)=1(U):x(g)、ボーラスウィザード(現在の血糖値から食事に必要なインスリン量および目標血糖値に近づけるために必要なインスリン量を自動計算してくれる機能)を設定するつもりです。必要なインスリン量の計算は"カーボ"からでもできるのですがポンプの機能が「1カーボ=糖質15g」の米国式を採用しているため、g式にせざるを得ないのです。計算の精密さで言うとg式の方が勝っているでしょうし、僕的には別にそれで構わないのですが。

基礎インスリン量がある程度定まってきたからこそこのような調整ができるわけですが、それでは導入当初は何を目安にしたか?お話していきます。

 食事に対する超速効型インスリンの量は経験的に用いられている500ルールを目安にすることができます。
500ルールは1日インスリンの総量で500を割った値を暫定的なカーボ/インスリン比(速効型インスリンを用いていいる場合は450ルール)とするもので、例えば僕の場合は超速効型35単位+トレシーバ13単位をこれまで使っていたので、その合計は48単位となり、500から48を割ると10.416666…となって、つまり超速効型インスリン1単位に対して糖質10gを導入時のカーボ/インスリン比になります。ただ500ルールから導き出した値では実際足りないことが多いことが指摘されています。僕が基礎インスリンにトレシーバを使っていたときのカーボ比は朝11g、昼12g、夕8gでしたのでまぁ遠からずな気もしますがこれはトレシーバ特有の効きの良さがあったからかな?!な気がします。実際ランタスの時はここから+1~2gでしたので。
 日本人では500でなくて300ルールの方が合うとか言われてたりしますね。ただこれにすると僕の場合は低血糖間違いなしです。僕の内因性インスリンはもうほとんどありませんが、現在の身長・体重は177cm 67kgと一般的な日本人より体格大きめですし、しかも体脂肪率10%程度且つ筋量多めでインスリン感受性が結構高めであることが関係してるんじゃないかな気がします。(年齢が高めと言うのもありますがそこは内緒にしておきますw (* ̄  ̄)b)

 という問題などあって、今回僕が試みたのは近年欧米で用いられているという計算式
([Guidelines for optim  al bolus calculator settings in adults J Diabetes Sci Technol 5 129-135 2011 Walsh他)
5.7×体重(kg)÷1日インスリン総量=インスリン1単位で対処できる糖質量

 この式で計算すると 5.7×67(現在の僕の体重)÷33(1日インスリン総量の推定値)が11.5となり、実測値と大体合ってくる感じです。この式は体重の補正もあるし、調整のためここからさらに1-2g分くらい余分目に調整を始める感じでいいんじゃないかな?! と考えました。
 個人差があり、また個人によっても基礎インスリンの打ち方や朝・昼・夕の時間帯(特にペン注射でその差は大きくなりがち)で誤差はどうしても出てしまいますが、大まかな目安としてかなり使える式のように思ってます。強化インスリン療法をされてる患者さんならカーボカウントを療養に取り入れてなくても一度算出して検討してみる価値はあるはず、是非とも計算してみてください♪ もちろん現在カーボカウントを既に行っておられる患者なら、その値の方が正しいと思われます。今回のはあくまで導入時の話、参考としてお捉えください。

 ちなみに1日インスリン総量は僕の場合"日本人の基礎インスリンが総インスリンに占める比率は30%程度が多い"とな報告に基づき 基礎インスリンの総量10U程度からこれを導きました。(10U÷x=30% x=33単位程度)
 最終的な時間帯ごとのカーボ/インスリン比はボーラスを入れてから4時間後に目標血糖値に到達できる値に決定します。僕の感覚としては同条件で3日連続うまくいったらその値に決める感じですね。

さて、どうでしょう。今回は計算式ばかりでちょっと頭が疲れちゃいましたかねσ(^▽^;
 本来なら主治医からこのような話を切り出してもらえるのが良いのでしょうが、でもまだ実際そこまでしてくれるDr.はまだまだ少ないと思います。。。
 既に強化インスリン療法を行っている患者なら、必要なインスリン量を見積もることはある程度はできているでしょうけど、たまの見直しにでも今回紹介した計算式から確認してみるのが良いのでないでしょうか。ここの数値の変動から基礎インスリンやカーボ/インスリン比の見直しや調整に役立つこともきっとあるでしょう。

 もちろん一度決めた値でも長期的なものでは加齢や季節、体重変動、短期的なものでは運動や女性の生理周期などでこれは変動し、見直しが必要になります。たびたびチェックを行いながら、自分の生活に合ったインスリン投与を可能にしていけたらですね☆彡

ランキング参加中1日1クリック♪
↓応援いただけると励みになります!
にほんブログ村 病気ブログ 1型糖尿病(小児糖尿病)へ
にほんブログ村

Trackback

Comment

Re: 米国のケース
shinyaさん

確かに!! 僕も興味あります、菜食主義者のインスリンのセッティング。おそらくベーサルの量がぐんと減るんじゃないかという気がしますけど。。。

よくご存知でしょうが、特にインスリンポンプのベーサルの設定はインスリン注射のそれと比較し、かなりタイトです。わずかな単位のインスリン調整が全体の血糖コントロールを左右しかねません。30%程度になることが多いと言われている日本人のベーサルのセッティングが大きくずれているとは到底思えません。一般論として、その値を参考値として指し示すことを順当なことと考えています。

生存のためにどうしても必要なベーサルの量というのは通常打ってる量の20%ほどらしいです。type1患者がマラソンなどのスポーツをする時もこのぐらいの量になるそうですし、あながち違ってないと思います。でも残りの80%は何でしょうね。食習慣をはじめ拮抗ホルモン、体格や人種もきっと関係しているでしょう。
ここの謎解きはかなり奥深そうです。興味はありますけれども、僕独りじゃどうしようもないこともあり、そこは研究者さんに丸投げです(笑)

と言うことで、僕はボーラス・ベーサルの比率について、あくまで"調整における考え方"を重視したいです。
実際それができている患者や医療者がまだまだ少ない気もしますので。
そして僕自身もより理解を深めて、もっときれいに説明できるようになりたいです(´∀`;)
  • 2013-06-27│13:34 |
  • 16(いちろく) URL│
  • [edit]
米国のケース
米国には糖質制限食派の逆の炭水化物中心の食事をとる人々(菜食主義者など)がいるはずです。数も結構多いと思います。Type1患者で炭水化物派の人たちのベーサル、ボーラスデータを見てみたいです。
  • 2013-06-26│21:25 |
  • shinya URL│
  • [edit]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2013-06-26│20:28 |
  • [edit]
shinyaさん
貴重なご意見をありがとうございます(^ω^)

 僕自身がインスリンポンプを開始したこともあって、基礎的な導入部分のことを書いているつもりです。
"導入をどのようにスムーズに運ぶか?!"を考える場合、ベーサルもボーラスも適正と推定されるところから少しゆるめぐらいがやっぱり良いように思います。インスリンは多めから合わすより低めから合わす方が低血糖を回避できますし経験的にも断然楽です。

 ベーサルで5割を越した報告は聞いたことありませんし、また強化療法ではどうしてもベーサルを抑えボーラス過剰傾向になりがちです。以上のことから特に補正ボーラスは慎重に行うべき、はじめからキツキツの設定にすると低血糖⇒高血糖ループに陥っちゃうのが怖いです。

 より確実に成功体験を得られる方法を考えて、それをブログで紹介していきたいです。もちろんshinyaさんのようなエキスパートの体験談も参考にさせてもらいます♪

 次のブログ記事は1700だか2000だかの補正ボーラスの話にする予定です。何かいいお考えがありましたら是非またコメントお願いします(´∀`*)
  • 2013-06-26│09:09 |
  • 16(いちろく) URL│
  • [edit]
反対(笑)
7対3反対です(笑)いくらなんでも極端です。5対3,4対3でも良いと思います。ついでに1960反対です。2000でよい面倒だ(私はいい加減)。1700支持の先生多いですよ、何でかな?インスリン多めになるような気がします。
  • 2013-06-25│06:59 |
  • shinya URL│
  • [edit]

Post a comment

Secret


プロフィール

16(いちろく)

Author:16(いちろく)
T1DM暦14年の世迷い人。2013.6月よりインスリンポンプはじめました。。withノボラピッド⇒ヒューマログ
カーボカウントのこととか、食と健康についていろいろ学んだことを綴ります。
すべてはHappyな未来のために・・・

インスリンNews

最新記事

検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。