FC2ブログ

スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カーボカウントを表にしてみた!!

2014-07-27
暑いです!!
夏真っ盛り
皆さま、熱中症対策ならびにインスリン製剤の保管は無事に行えているでしょうか。
血糖値管理も。こうも暑いと自覚症状も何なのかよくわからなくなりがちですよね。
体調管理により留意して過ごさねばです

さて前回に引き続き、今回もカーボカウントのお話を。
糖質/インスリン比カーボ・インスリン比を表にしてみて、改めて比較してみます。
 1型糖尿病患者にとってのカーボカウント療法は、特にサマーキャンプなどではもうかなり定番になってることなんじゃないかな?! とは思ってるんですけど、運営している側の都合でどちらかでしか説明しないのが通例なのでないでしょうか。「インスリンは考えて単位を決めるもの」の大前提があれば、別にどっちでもいい気はしますけど。ただ、計算方法の違いから、算出される値の傾向が違ってきます。その傾向が当人に合っていれば良いのですが、そうでない場合もあると思われます。そうでない場合は、何故そうでないかを理解しておくと対応しやすいと思います。知らないよりは知ってる方がずっといいはず。まだカーボカウントをしてないって方は自分がするならどっちの方が合ってそうか考えてみてください。

糖質/インスリン比
 インスリン1単位で処理できる糖質 (g)を係数(g/u)とし、食事に含まれる糖質量(g)をこの係数で除して、食事ボーラスの単位数を算出します。
例)糖質/インスリン比が11g/uの人が糖質量80gの食事をする場合
 80(g)÷11(g/u)=7.2(u)≒7単位

 (※糖質/インスリン比 11g/uをカーボ・インスリン比にすると 10÷11g/u=0.9
 
糖質/インスリン比 一覧表(縦軸 糖質/インスリン比係数、横軸 糖質量(g))
image7.jpg

カーボカウントを糖質/インスリン比で行う利点は
①細やかな計算が行える。1gごとでの計算ですし、0.1単位きざみでボーラスが入れられるインスリンポンプなら更に便利です。
②栄養成分表記の糖質量(炭水化物-食物繊維)から、そのまま計算できる。(但し製品によって栄養成分が100gとか100ml当たりになってる場合があるのでご注意ください。
糖質/インスリン比が10g/u以上あるなら、カーボ・インスリン比よりこまやかな単位の計算が行える。
日本人IDDMは朝300ルール昼夕400ルールが合う方が多いそうです。(※300ルール・400ルール 300(400)÷1日の総インスリン単位数がその人にとっての糖質/インスリン比にほど近い)この理屈で言うと1日総インスリン量が30-40単位までの方ならですね。ただし、表を見てわかる通り糖質/インスリン比が15g/uとかだったら、そんなに動かす必要ないようにも見えますが(^-^;
④日本糖尿病学会から出される予定の「カーボカウントの手びき」は糖質/インスリン比の方を採用するそうです。でも今春に、って話だったんだけどどうなったんでしょう…


カーボ・インスリン比
  糖質10gを1カーボとして、インスリン1単位で処理できるカーボ係数を掛けて、食事ボーラスに必要な単位数を算出します。
例)カーボ・インスリン比が0.9の人が糖質量8カーボ(80g)の食事をする場合
 8(カーボ)×0.9=7.2(u)≒7単位

 (※カーボ・インスリン比0.9を糖質/インスリン比にすると 10÷0.9≒11(g/u))

カーボ・インスリン比 一覧表(縦軸 カーボ・インスリン比係数、横軸 カーボ数(1カーボ10g))
image8.jpg

カーボカウントをカーボ・インスリン比で行う利点は
①1カーボないしは0.5カーボきざみでざっくり計算できる。そんで割り算より掛け算の方が簡単にできますw
②栄養成分表記がなくても食べものの平均的なカーボ数を知っていれば、その場ですぐ計算できる。
カーボ・インスリン比が1.0以上(糖質/インスリン比で10g以下)あるなら、糖質/インスリン比よりこまやかな単位の計算が行える。カーボカウントでは糖質量の読み取りの精度と同等かそれ以上に適切な係数の設定が大事です。思春期などで特にカーボ・インスリン比2.0(糖質/インスリン比0.5)とかその辺りとか、日毎の運動量にばらつきがある場合などでは、糖質量の読み取り以上に適切な係数を勘案することの方が有用です。
④カーボ・インスリン比による関係書籍が多く出版されています。(但し、1カーボ=糖質15gで計算してあるものもあるのでご注意ください。)



あと、血糖値補正に用いるインスリン効果値(超速効型インスリン1単位で下がる血糖値の目安(概ね2-4時間)の簡易表もつくってみました。
image5_201407271704106f9.jpg

 「食事に対するインスリン単位はわかる」って人なんかでも、お話を聞いてみると血糖値補正のための単位がよく抜けていたりします 食後血糖値の値からの血糖値補正はかなり熟練する必要あるでしょうけど、食前血糖値ならまだ比較的簡単に行えるはずです。 カーボカウント法によるインスリン単位の調整は糖質量から勘案される単位と血糖値補正のための単位が2本柱です。双方を意識することが習慣づけられるようになりましょう。

 僕のカーボカウントは基本糖質/インスリン比でやっていて、係数は朝9g/u、昼10g/u、夕9-10uです。インスリンポンプを導入して以来、大体こんな感じの係数ですが、3月らへんにシックデイになりそこから体調がガタガタになり、その間はカーボ・インスリン比に切り替えて、カーボ比で朝1.4、昼1.2、夕1.3で1ヵ月ほどやってました。インスリンポンプのボーラスウィザード機能でを使って計算して出された値から、当日の活動量や近日の血糖変動をかんがみて±0.5~1単位の微調整をしています。でもどちらかと言えば基礎インスリンの比率の方をさわることが多いです。基礎さえ合っていればボーラスは割といい加減でも何とかなるような気が、しないでもないですσ(^ー^;
 ペン注射の超速効型インスリンと持効型ランタスで療養していた時は、どちらかと言えば超速効型の方を中心に単位調整をしていました。毎回計算して…とか、そんな厳密にはしてみませんでしたが僕は大体糖質量10gでインスリン1単位が基準なので、普段食べてる食事の糖質量を基準に10g(1カーボ)分くらい少なさそうな時は1単位減らす、とかいう感じでした。ペン注射の方がボーラス調整がより大事だった実感があります。
 携帯電話やスマホを持っているなら計算機能があるでしょうし、カーボカウント計算ができるアプリもあります、僕ももっとちゃんとやろうと思えばできたかなって感じはします。けど計算と感覚のどちらが大事なのかは比較できるもんじゃなくて、バランス良く考えて自分の身体や療養スタイルに合ったやり方を選んでいけたらと思っています。

幅広い生活スタイルに対応するためには時にダイナミックにインスリンの調整を行うことが不可欠です。はじめはメンドーでも単位調整の結果をしっかり検証していくと、次第に自然体で単位調整もうまくなります。
日々是研鑽!!
していきましょう♪

ランキング参加中1日1クリック♪
↓応援いただけると励みになります!
にほんブログ村 病気ブログ 1型糖尿病(小児糖尿病)へ
にほんブログ村

Trackback

Comment

Post a comment

Secret


プロフィール

16(いちろく)

Author:16(いちろく)
T1DM暦14年の世迷い人。2013.6月よりインスリンポンプはじめました。。withノボラピッド⇒ヒューマログ
カーボカウントのこととか、食と健康についていろいろ学んだことを綴ります。
すべてはHappyな未来のために・・・

インスリンNews

最新記事

検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。