スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

欧米かっ!

2011-05-26
注文していた本が今日届きました。アメリカ糖尿病協会が患者向けに出版した「COMPLETE GUIDE TO DIABETES」

ADA COMPLETE GUIDE[amazonへのリンク]

最近は通販でこういった書籍も簡単に手に入る便利な世のなかになりましたね。ただ手元に届いて、そのボリュームにびっくり!これで1800円切っているのは安い! 医療関係の本はどれも高いですからねぇ・・。

病気の分類で言えば、糖尿病については日本もアメリカも共通の課題があるわけで、そういった意味では大変意義深い情報を手に入れられます。しかし、なにせ文化的土壌が違うわけですから、

・ロールパン1個に含まれるカーボ15gを基準に考える
・砂糖の摂りすぎ
・脂質の質にも要注意(トランス脂肪酸)

とかの問題には思わず「欧米か!」と今時タカトシも使わないツッコミをしてしまいそうになります。

カーボカウントの書籍は日本でも増えてきましたが、未だカーボカウントの応用や柔軟なインスリン療法の文献探しではアメリカ糖尿病協会発信のものがほとんどな感じします。日本では臨床試験の実施がアメリカに比し困難なせいもあるでしょう、と皮肉をこめて言っておきますが、せめて日本語訳ぐらい出してくんないですかねぇ、読むの疲れる・・

ただ正しい知識を得ようとするなら、多くの意見や考え方に触れてみることをおススメします。私の言っていることもそうなんですが、情報の中には伝える側の意向や都合がどうしても入り混じってしまいます。正しい情報を得ようとするなら、他の立場からの意見や反対の意見にも耳を傾ける必要があります。○○先生がこう言った!○○学会の見解はこうだ!なんて一方向的な見方は危険です。真実は一人に一つずつ、大切なものだから慎重に見定めましょう。

難しい本でなくても色々な立場の人の色々な意見を聞くことは、きっと答え探しの役に立ちます。
当ブログでもそれをお手伝いできれば幸いです(#^.^#)

↓クリックの応援いただけると励みになります!
にほんブログ村 病気ブログ 1型糖尿病(小児糖尿病)へ
にほんブログ村

Trackback

Comment

Post a comment

Secret


プロフィール

16(いちろく)

Author:16(いちろく)
T1DM暦14年の世迷い人。2013.6月よりインスリンポンプはじめました。。withノボラピッド⇒ヒューマログ
カーボカウントのこととか、食と健康についていろいろ学んだことを綴ります。
すべてはHappyな未来のために・・・

インスリンNews

最新記事

検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。