FC2ブログ

スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

も一度学ぼう、血糖自己測定

2011-12-08
拙ブログも記事本数の増加とともにネット検索から訪れて下さる方が増えてるみたいです。
ブログタイトルにもなっているカーボカウント関連がやっぱり多かったりするのですが、実は一番多いのは自己注射手技についての検索です。

自己注射手技の記事は自分が意外と正しい自己注射手技を知らなかった事に反省し、まとめてみたものでした。記事を書きながらも「ひょっとして知らないのは自分だけ?」なる思いもあったのですが、結構皆さんも気にされているんですねー。

さて、そんな経緯があっての今回の記事は、インスリン自己注射と並ぶIDDM患者の必須項目「血糖自己測定」を取り上げます!血糖自己測定は以前も取り上げたことがあるのですが(「血糖自己測定!!」)、今回はも少し踏み込んだ内容でお届けしたいと思います!

先日、糖尿病ネットワークで血糖測定器の取扱い上の注意を喚起なるものが取り上げられました。
誤った治療の実施や適切な治療の遅延が起こるおそれに対しての注意喚起のため、とのことですが、この内、穿刺器具および自己検査用グルコース測定器では

1) 指先から採血する場合は、穿刺前に、必ず流水でよく手を洗うこと。
2) 果物等の糖分を含む食品などに触れた後、そのまま指先から採血すると指先に付着 した糖分が血液と混じり、血糖値が偽高値となるおそれがある。[アルコール綿によ る消毒のみでは糖分の除去が不十分との報告がある。]
3) 以下のような末梢血流が減少した患者の指先から採血した場合は、血糖値が偽低値 を示すことがある。
・脱水状態
・ショック状態
・末梢循環障害

を添付文書の【使用上の注意】に記載せよ、ということになったそうです。

大事なところは、測定前にはちゃんと流水で手を洗えという、まーごく基本的な内容ですけど、皆さんどうでしょう、守っていますか?私は…、守ってません(汗) まー、そうですねー、何かおかしいな?ってな時に疑えばいいかな?なんて気もしちゃいますが、それでもやはり基本は大切です!

測定原理についても考えてみましょう。
現在の血糖測定器はほとんどが酵素比色法という、グルコースを発色させその時の光の量から血糖値を推測する方式です。大変簡便な機器には間違いありませんが欠点もあり、例えば貧血の検査項目でもあるヘマトクリット値が極端に低下している場合だとか、測定器および測定チップを室内にある程度慣らした状態でないと正しい測定は行えません測定チップは開封後しばらく置いておいたり使用期限が過ぎると、周囲の環境に試薬が影響されやすくなったりもします。

また、血液を無理矢理絞りだすと、組織液と言う血液以外の成分が交じってしまうため、このような場合の血糖値は低めに出ます。血液を出すための穿刺は深いと痛いし、浅いと出ないし、なかなかやっかいなものですよねー(>_<)特にこれから寒い時期になりますと、手が冷えて血が出にくくなります…。

という訳で、何とかするための方法を少し探してみました(^o^)/月刊誌「さかえ」の2010年5月号のp14-15の相談コーナー「せんせい教えてください!」石井 では血液を出やすくするために、以下の工夫が紹介されていました。

1)穿刺した指の腹だけを押さえるのではなく、指の付け根から血液を搾りだすようにしましょう!
→穿刺後、もう片方の親指と人さし指で輪をつくり、指の付け根から穿刺部位に向かってゆっくりと指をもむように上げていく。
2)穿刺する指の血行をよくしましょう!
→グーパー、と手を握ったり開いたりを10回程度くり返してみたり、穿刺する指を強めに揉んで血行をよくする。ストーブやこたつなどに手をかざし、手全体を温めるのもよいでしょう。

それともう1つ!痛くない血糖測定をするためのコツとして、穿刺レベルを一つ下げてから、、
3)穿刺の前に、親指で穿刺する部位を下から上へ押し上げてみましょう!
→押し上げられた皮膚はピンと張り、痛みが感じにくくなります。また、皮膚が赤くなり、これは血液が十分たまっている証拠なので、穿刺レベルが浅くても充分な血液量を得られます。

ってな方法が紹介されていました。(他にも色々あるようですけど。)うーむ、なるほどです。。

何かいっぱい書いちゃいましたけど、どれもそんなに難しいものではないはず!
最近は機器も進化して、血液量が少なく済んだり、痛みの少ない穿刺器が出てきていますが、しかしまだまだ、痛みを消すことができていない血糖測定の方法です。少しでもストレス減らしていきたいですねo(>_<)o

また、紹介した方法以外で皆さんのおススメの方法などありましたら、教えてもらえると幸いです♪
ぜぜ是非にーーーーー!!

↓クリックの応援いただけると励みになります!
にほんブログ村 病気ブログ 1型糖尿病(小児糖尿病)へ
にほんブログ村

Trackback

Comment

Post a comment

Secret


プロフィール

16(いちろく)

Author:16(いちろく)
T1DM暦14年の世迷い人。2013.6月よりインスリンポンプはじめました。。withノボラピッド⇒ヒューマログ
カーボカウントのこととか、食と健康についていろいろ学んだことを綴ります。
すべてはHappyな未来のために・・・

インスリンNews

最新記事

検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。