FC2ブログ

スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

低血糖とブドウ糖 2)15/15ルール!

2011-12-23
前回に引き続き「低血糖とブドウ糖」の話!

 前の回では、ブドウ糖を経口摂取した時の流れについて、「そのまま血中に移行するのと肝臓に取り込まれてから放出されるのとの2本立てだよ♪」的なことをざっくり説明したつもりd(=>∇n)bイェーイ♪ (←じゃない!?)

 今回は具体的な対処法を、よく知られた「15/15ルール」を取り上げながら考えてみたいと思います♪
文献は「15/15ルールとは?」広瀬、川村 肥満と糖尿病 vol.5(5) 2006 769-771

 まず、15/15ルールとは、低血糖時の対処法を示すルール。低血糖時は15gの炭水化物を摂取し、その後はそれ以上食べずに15分間後に再度血糖測定を行い、血糖値の回復を確認するという対処方法のこと!15分後に血糖値の上昇が見られず、低血糖症状が継続していたり、血糖値の正常化が認められない場合は再度補食をとります。
 
 炭水化物の量が15gとありますが、これは一例に過ぎません。インスリンを考えない場合のブドウ糖取り込みは体格による依存度が高いです。これも、あくまでおおよその目安ですが1gのブドウ糖で上昇する血糖値は体重34kgでは7mg/dl、55kgでは5mg/dl、73kgでは4mgとの例が紹介されています。
ですから15gのブドウ糖で体重34kgの人は105mg/dl、55kgの人は75mg/dl、73kgの人は55mg/dlが単純計算での血糖上昇幅となります。全然違いますよね~
 
 で、次は摂ったブドウ糖がどの位血糖に移行するかを考えてみます。体重55kg・男性の例で考えてみることにします。約8%が血液量と言われますから血液量はおおよそ4.4L。ブドウ糖15gでは、440dl中の15000mgですから、おおよそ340mg/dlの血糖上昇。←ただし、これはブドウ糖が直接血液中に移行した場合です。先の例では75mg/dlでしたから、75/340となり、つまりまぁブドウ糖単独の場合ですら30%ほども直接移行しない計算となります。(←計算はさておき、大体の流れをイメージして下さい♪)
 残りの肝臓に蓄積されたものと考えます。肝臓に蓄えられたブドウ糖は化学反応によって常時血中へと放出されます。放出の割合を一定とした場合(←考えやすくするため!)、蓄えられたブドウ糖が多いほど血中に送り出される量は多くなります。でも、量にもよりますがブドウ糖単独ではその効果もせいぜい30分-2時間ほどでしょう。
 
 と、いう訳で次は低血糖からの回復を考える場合には肝臓でのブドウ糖蓄積量も大事なポイント! の話。
 低血糖の原因はインスリンの相対的過多によるものでしょう、インスリン製剤を使用している場合は回復後もインスリン濃度が適正量より多いケースが多くあると考えられます。食前インスリンの過多が原因なら残り時間の作用も考えてそこそこ適正まで回復させれば良いのでしょうが、運動などでインスリン感受性の亢進がしばらく続く場合には、そっちの分の補充も考えなければなりません。
 こうした場合は、ブドウ糖単独よりもたんぱく質や脂肪の含まれた血糖上昇の持続時間の長い補食がおススメ!俗に言う低GI食品のことですね。私的には手軽に摂れる乳製品を利用すること多いのですが、これはまぁ各々で考えていただければいいと思いますw

まとめると
・ブドウ糖による血糖上昇は個人ごとに異なる  (ただし体格が一応の目安)
・速やかな回復にはブドウ糖単独がおススメ!  (水分はあった方が良し)
・インスリン濃度も考えよう (持続時間を考えその分を補充)
と言ったところでしょうか。。どれも聞いたことありげな基本な話をより細かくしただけではありますが、低血糖のリカバリーは療養生活を送る上でとても大切。誤解なく、基本をきちんと抑えた方法を心がけていきたいものです。

 あと反対に、低血糖は食欲も増進させますから、補食しすぎちゃうことも多々問題ですね(笑←あえて!)
 でも、これも頻回インスリン療法を行う場合の基本的考え方なのですが、
「食べ過ぎたから、血糖が上がるのではない。インスリンが足りなかったから血糖が上がる」
と、このことを考えてみて下さい。
 はい、血糖上がりそうな時はインスリンの補充です(^-^)低血糖後はカウンターホルモンの影響もあって非常にコントロールが難しいですけど、経験知を積み重ねてどうにかこうにか血糖上昇をそこそこに抑えていきましょう!

 体重コントロールはまた別問題です。この話はまたいずれ…。

↓クリックの応援いただけると励みになります!
にほんブログ村 病気ブログ 1型糖尿病(小児糖尿病)へ
にほんブログ村

Trackback

Comment

Post a comment

Secret


プロフィール

16(いちろく)

Author:16(いちろく)
T1DM暦14年の世迷い人。2013.6月よりインスリンポンプはじめました。。withノボラピッド⇒ヒューマログ
カーボカウントのこととか、食と健康についていろいろ学んだことを綴ります。
すべてはHappyな未来のために・・・

インスリンNews

最新記事

検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。